ILCHI希望の手紙

「健康・幸せ・平和を自給自足する」

外部環境に依存して健康と幸せと平和がやってくるのを期待し、

施されるのを待つのではなく、自分でそれを創造する方法を身につけると、

私たちは健康、幸せ、平和の本当の主になれます。

健康と幸せと平和を自給自足するためには、体力、心力、脳力を鍛える必要が

あります。

体力は、健康で幸せな暮らしの礎になります。

体力を養うのは、心力と脳力を育てる近道でもあります。

人生を設計するときに、何をどこから始めたらいいかわからなければ、

一番に体力を養うことから始めてみましょう。

身体に力がわくと、自然に意欲も高まり、新しいことをやってみたくなったり、

よいアイデアがわいてくることもあります。

一指李承憲著『人生120年の選択』より