今回紹介する弓のポーズは、デトックスにぴったりの動作です。🙂

うつぶせに寝ている状態で、両足の足首を手でつかみ、上体と足を持ち上げ、弓のような弧を描きます。

私たちはふだん、前傾での姿勢や動きばかりをしているため、背中の筋肉は刺激されません。

弓のポーズを行えば、背中とお腹の筋肉の両方がバランス良く刺激され、内臓が活性化します。

体の前後から腸を刺激し、腸の働きが活発になる効果が期待できます。

弓のポーズで全身を伸ばすことで、縮こまっている心もラクになります。

弓の弧を作りながら、ゆっくりと呼吸をすることで、心にも余裕が生まれていきます。

食事のときも腹八分で満足できるようになり、

ダイエット効果にもつながり、イキイキとしたカラダと肌を手に入れましょう。

 

<弓のポーズ>

1. うつ伏せになり、あごを床につけます。

ひざを曲げて両手で足の甲をつかみます。

2. おなかだけ床につけて、上体と足を持ち上げ、弓の形になります。

3. 前後に体を揺らします。

 

【効果】

背骨のゆがみを整え、腸のぜん動運動を促す効果があります。

背筋と中枢神経が刺激され、内分泌機能がアップしていきます。

全身の疲労回復の効果もあります。

とくに仕事などで長く座っている人に効果的です。