今日は、「心」と「エネルギー」について、お話しします。💖

東洋医学では、私たちの体内には気エネルギーが流れているとされ、
そのエネルギーが生命活動の源泉になっていると考えられています。

エネルギーは、心と密接につながっています。その原理を「心生気」といいます。

心生気とは、「心がエネルギーを生み出す」という意味です。
例えば、愛する人のことを考えると、その人にエネルギーが送られます。
また、仕事について考えると、仕事にエネルギーが向けられます。

心が一つのことに集中すれば、それだけエネルギーの力が強くなります。
物事を達成しやすくなります。

逆に、雑念などによって心が散漫になっていると、エネルギーも分散されてしまいます。
体も消耗しやすいです。

心が自分の体の中に向けられていると、体内にエネルギーがたまります。
それによって、健康的で力強い身体を保ちやすくなります。

瞑想のトレーニングなどを通して、自分の望むところに心を置けるようになれば、
エネルギーを効率よく使うことができます。

⇒続きはブログをご覧ください。
https://wp.me/p6P3Ap-PK