筆絵瞑想
「悩みのない人生はない」

あなたは悩みがなくなることを望んでいるだろうか?

悩みがあることを悩んではいけない。

悩みは成長の足がかりだ。

悩みと疑問のない人生は、死んだ人生だ。

~~~☆☆☆~~~

私たちは心の平和を得るために瞑想する。

ところが時々、すべての悩みが消えた状態を

心の平和だと錯覚する人がいる。

 

人として生きていく限り、悩みは尽きない。

一つの悩みが解決しても、すぐにまた新たな悩みが生まれる。

心の平和とは

すべての悩みが消えた状態ではない。

真の心の平和は

悩みを受け入れる姿勢から来る。

 

生きていれば人は悩むものだ。

それが生きている証拠だ。

悩んでいるうちに、何らかの選択をする。

その選択を実践していきば

さらに大きな悩みと選択が待っている。

それが人生だ。

深い悩みを通し、ある自覚と結論に至るとき

彷徨が終わり、平和が訪れる。

同時に、これまでの悩みが

あまりにもつまらないもだったと知る。

そして、そこからさらに大きな悩みが始まる。

悩みがなくなるのを望まないでほしい。

波のない海を望まないでほしい。

あなたの魂と良心が選択した人生の道を

真心を尽くして情熱的に歩みなさい。

その道で、やって来るすべての悩みを

大胆に抱きよせなさい。

『筆絵瞑想』 文・絵  一指 李承憲 著

http://www.ilchinet.jp/books/%E7%AD%86%E7%B5%B5%E7%9E%91%E6%83%B3

~~~☆☆☆~~~

「悩み」への思考錯誤が人を人として成長させるのですね