腸運動とは

「腸運動」って何?~その原理とやり方

腸運動は、「第二の脳」といわれる腸を刺激し、便秘や冷えなどのトラブルを改善する健康法です。

ダンワールドがイルチブレインヨガ・スタジオで提供するプログラムの中でも、最もポピュラーな体操の一つになっています。
 

腸運動とは

人間は動物の中で唯一、常に「直立二足歩行」をします。

この直立二足歩行のスタイルは、人類を大きく進歩させましたが、問題も起きました。

重力によって内臓が下のほうへ下がる圧力がかかり、腸に負担がかかるようになったのです。

この結果、腸が硬くなりやすくなり、便秘というトラブルを抱える人が多く出るようになりました。

現代社会では、さまざまな便秘薬が市販されています。

しかし、どんな薬にも副作用はありますから、やはり体質そのものを改善したいものです。

人間にとって宿命ともいえる腸の問題に対処すべく開発されたのが、「腸運動」です。

腸運動をすると、腸の「蠕(ぜん)動運動」が促され、お通じがスムーズに。内側から健康になれます。

 

腸運動の方法

腸運動のやり方はいたって簡単。下腹部を膨らませたりへこませたりするだけ。

立ったまま、座ったまま、あるいは寝ている状態でもできます。

腸運動は強すぎたり、早すぎたりしないように、自分の身体に合う速度と強さで行います。

普通はおなかを膨らませてへこませるのを2~3秒で行い、呼吸に関係なく行います。

呼吸を追加して、おなかを膨らませるときに息を吸い、へこませるとき息を吐くと腹式呼吸になります。

<腸運動のやりかた>

1.両手の親指と親指、人差し指と人差し指をつけ、親指がおへそにくるようにおなかの上にあてる。

2.ゆっくりお腹を膨らませ、次に、へこませる。膨らませるときは下腹に圧力を感じるまで押し出す。

へこませる時は、おなかが背中につくイメージで。これを繰り返す。

3.最初は50回くらいからはじめて、だんだん回数を増やしていく。