こんにちは

今日は、筆絵瞑想より

 

運命を変えるには

運命を変えたいなら、まずそれを心から願いなさい。

願わないことはは起こらない。

切に願えば志になる。

固く志が立てば情熱を抱くようになる。

情熱を抱けば実践するようになり

絶え間ない実践は運命を変える。

 

解説

運命をかえるには、

まず「私は選択できる存在だ」と気付かなければならない。

自分の価値は自分で決めるという自覚が必要だ。

 

私たちには

なにものにも傷つけられることのない絶対的な価値がある。

自らの内にある絶対的な価値を感じなければならない。

 

運命を変えるために

特別なインスピレーションや奇跡が必要なのではない。

大事なのは、健全な理性と知性と良心を持ち

自分の道を自ら判断し、選択し、決心することだ。

その選択と決心を、正直に、誠実に、責任を持って実践することだ。

 

運命を変えたいなら、絶対に人のせいにしてはならない。

責任が自分にあると感じる人は

問題を克服するために変化を作り出す。

人のせいにすれば変化はない。

 

人のせいにする夢を見たなら、ほんとうに悪い夢を見たとぞっとするほど、

人のせいにしないよう戒めなければならない。

 

自ら選んで決めたことには責任を持つという

円熟味をみてほしい。

最も嘆かわしいのは、自分のすべき選択をひとに押し付け

失敗の原因を他人に探す人だ。

そんな人に変化と発展があろうはずがない。

 

何もしても、私が選んで決めたと思うことが大事だ。

山で目についたありふれた石ころ一つにも

自分がが特別な意味を与えれば貴重になる。

他人の目にはなんてことはなくても

私には金より貴いものになる。

 

今日はとても良い日にする。

私が良い日と決めたから。

自分でそう決めたので

私は今日を良い日にする

 

運命を変えるというのは、このようなものだ。 (一指 李承憲)

 

 

引き寄せの法則実践講座&映画「change(チェンジ)」上映会

 

開催日 2月17日(土)

時間 14時~16時 (13時45分開場)

開場 町田市民ホール

参加費 2000円 (前売1500円)

電話 045-721-0688

イベントのご予約はこちら