イルチブレインヨガで使っている「ホットパック」は、手作りです。手2つ分くらいの小さな枕の中に、玄米が入っています。レンジで温めると玄米のやさしい香りがします

 

どんな時に使うか、というと・・・・

腸をほぐす時や身体の硬くなった部分をほぐす時に使います。

 

ちなみに、私が最近、ハマっている使い方があります。それは、寝る時に頭と首の付け根にあてること。もともと首や肩こりがひどかった麻生にとって、「ホットパック」のやさしい暖かさは本当に気持ちいいものです。

実は、首から背中には、風邪を引き起こすツボがあります。

東洋医学では、その場所を「風府」(ふうふ」と呼び、気管支や肺の働きをよくする効果があるのです。

風邪の引き始めは、風府を温めて、良く寝ましょう。朝、目覚めがスッキリします